初心者に知って欲しい!サーフィンの素晴らしさは“海”だけじゃない

サーフィンを知ってしまうと、人生じたいが何倍も楽しくなっちゃうよ!年齢なんて関係ない!思い切ってやった人しか分からない!そんな情報をあなたに届ける

ことを、ぼく自身が、楽しんで記事を書いています。



サーフィンの魅力とは、海だけじゃない!

サーフィンとは、「海に行って、ボードで波乗り」するものですよね。あの波を捕まえた時、風を切って斜面を滑る快感は、言葉では表しきれないほどです。ただし、サーフィンは、その性質上、海がないとできなかったり、コンディションが悪いとできなかったり、限られた側面もあります。それ故に、サーフィンができない時間でも、海を感じたいとの気持ちから、色々な文化が生まれました(と僕は考えています)。それが、

サーフカルチャー

です。

生活の色々な場面に影響するサーフィン。好きになればなるほど、もっと好きになるはずです。

サーフィンがもたらす独特のライフスタイル

“サーフィン”からイメージするスタイルってどんなのがありますか?僕は、始め前やはじめた頃は、日本のメディアの影響からか「チャラい」イメージが強かったです。しかし、はじめてみると、「こんなに苦しいスポーツなのか」「実際にチャラい感じのサーファーが少ない」そして、海外へ行き、「自然と融和した生活スタイル」などの新しい印象を受け、まったく異なるイメージへ変化しました。

ミュージック

サーフミュージックで有名なのは、国内外問わずたくさんいますよね。例えば、平井大、Def Techやジャック・ジョンソンなど。それぞれに雰囲気があっていいですよね。

ファッション

サーフファッションは、少しコマーシャルな側面が強くなってしまうかもしれませんが、独自のジャンルが確立されていますよね。例えば、若い子に多いのは、SPYやBillabongといった有名ブランドのストリート系ファッションが人気ですね。他には、やはりネチュラル系のブランドも人気がありますね。

料理

サーフカルチャーに料理ってあるの?と思いましたか?これは僕個人の印象かもしれませんが、サーフィンは料理にも影響を与えていると思います。例えば、サーフィンをするとどうしてもカラダを鍛えないといけませんよね。また自然が相手の遊戯なので、環境への配慮する気持ちが強くなる傾向にあります。そのような考え方が影響して、とてもヘルシー志向の料理を好むサーファーも少なくありません。とくに海外では、元来のヘルシー志向もあいまって、化学添加物などを極力用いないオーガニック系料理の人気はすごいです。

My Favorite Chef:”Bondi Harvest”

ここでみなさんに紹介したいのが、この人です。ガイ・ターランド-Guy Turland-です。彼は、オーストラリア人のシェフであり、シドニーで最も有名なビーチ、ボンダイビーチ-Bondi Beach-に自ら経営するカフェを持っています。カフェもとっても素敵なんですが、彼はビジネネスパートナーであり映像関係の仕事に就くマーク・アーストン-Marl Alston-と一緒にYoutubeチャンネルボンダイ・ハーベスト-Bondi Harvest-をやっています。僕はこのチャンネルが大好きです。なんかガイのビデオには、僕が求めているものがすべて詰まっていると言っても過言ではないです。ガイのチャンネルは、あの有名なバイリンガール英会話Chikaで知ったんですが。このブログでも、ちょいちょいガイのボンダイ・ハーベストを紹介する予定です。

サーフィンの魅力は無限大!!

ここで挙げたサーフィンの魅力は、ほんの一部に過ぎません。他にもたくさんあると思います。僕は、人の数だけ、サーフィンの魅力もあるのではないかと感じています。それくらいサーフィンは、自分のスタイルに溶け込めるスポーツ(あんまりスポーツといいたくないんだけど)だと信じています。あなたも、サーフィンをはじめる事で、まだ誰も気付いていない新しい魅力を発見する可能性は、無限大です!

ビーチにお弁当を持って言って、こんな木製のプレートで食べるなんておしゃれなことも、いいですよね♪
 

<スポンサーリンク>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください