初心者がよく恐怖を覚える瞬間「サーファー同士の衝突」の回避の仕方

サーフィンを知ってしまうと、人生じたいが何倍も楽しくなっちゃうよ!年齢なんて関係ない!思い切ってやった人しか分からない!そんな情報をあなたに届ける

ことを、ぼく自身が、楽しんで記事を書いています。



初心者が恐怖を覚える瞬間とは?

僕自身もいまだによくあるのですが、サーフィン中で怖いのが、『サーファー同士の衝突』です。ここでの衝突は、物理的にサーファー同士が当たることです。ケンカなどではありません。初心者の時は、何度も怒鳴られた経験があります。あんまりいいことじゃないですけどね。特に日本によくある”混雑するポイント”では、頻繁にサーファー同士の衝突が見られますし、時には、怒鳴っているサーファーも見かけます。気分は良くないですよね、お互い。せっかくなら気持ちよく波に乗りたい、海を楽しみたいのは、誰しも思うことなはず。今回は、そんなサーファー同士の衝突を避ける方法についてお話ししたいと思います。

ゲットアウト中の回避の方法

さぁ、まずは沖に出よう!とアウトに向かう際、運悪く波に乗ってきたサーファーがいて、自分の近くをかすめて行きました!「危うく、轢かれるところだった」なんてシチュエーションあるのではないですか?ここでまず確認しておきたいのが、基本的には、沖から乗ってくるサーファーの邪魔をしないです。そのためには、波がブレイクする方向と逆に進まなければなりません。もし沖に出ていた、左前方から波がブレイクし、サーファーが乗っていたら、もちろんサーファーは右方向に滑っていきますよね。そこで、自分の進路は、“右”ではなく、“左”に進んで、サーファーの進路を妨害しないようにしましょう。どうしても進路に入ってしまった場合はどうしましょう。そこでやれることは、前回お話しした『ドルフィンスルー』です。ボードは基本的に水面を滑るものですよね。思いっきり深く潜ってしまえば、サーファーとの衝突も最低限に抑えられます。また、サーファーが向かってくるときに、早めにアクションを示すと、相手もあなたが回避しようとしているのが分かるので、お互いに安心感が生まれます。

波に乗っているときの回避の仕方

では、次は逆の立場で考えてみましょう。あなたが、波に乗る時、また乗っている時の回避の仕方です。基本的なルールで、沖から乗ってくるサーファーの邪魔をしないというのを言いましたが、混雑しているポイントでは、ほぼ不可能な時もあります。もしテイクオフをする前に、<乗っても人を避けられない>と思った時は、潔くテイクオフを止めましょう。中上級者ならば、人と人の間を縫って滑っていけるでしょうが、初心者の場合は、難しいですし、余計なプレッシャーを感じてしまい、コントロールどころでなくなるでしょう。

またテイクオフ後に危ないなと感じた場合は、プルアウトしましょう。プルアウトとは、ショートボードやロングボードの場合は、後ろ足に思いっきり体重をかけてテールを沈めて失速させ、浮き上がったノーズを手で掴んでプルアウトします。要は、波の後ろ側(沖の方)へ戻ることです。これも初めは練習が必要なので、毎回波に乗った最後はこのようにプルアウトで終わることをオススメします。

どうしても避けられない状況

どうしても「やむを得ず」避けられないという場合はいくらでもあると思いますが、その時に最も大事なのは「相手も自分もケガをしないように避ける」ということ。例えばゲットアウト中に相手がテイクオフ寸前で自分が潜るとき、フィンを裏返しにして潜ったり、サーフボードを流しながら潜るのは絶対にダメ。また、波に乗っている時にプルアウトできずに転んでしまう場合にしても、相手の方へサーフボードが飛んで行かないように最善を尽くしてコケる。これはマナーの1つです。

恐怖を覚えるのはなぜか?

上でも書きましたが、恐怖を覚えるというのは、自分の許容範囲外であることが多いです。人間は本能的に危険を感じられるんですね。サーフィンは、時には自分のレベル以上に挑むスポーツではありますが、一方で、自分のレベルをしっかり見極めていないと、自分だけでなく、他人に怪我をさせてしまったり、迷惑をかけることもよくあります。

できることなら、恐怖を覚えないように、自分のレベルをしっかり理解した上で、足りない部分を毎回高めて行きましょう!すると、気づいた時には、初心者のことを思いやれる、かっこいいプルアウトができる中上級者になれるはずです!

他人のことを考えられないわがままなライドをしているサーファーもよく見かけますが、そういう人は、大概かっこよくありません。もちろんある程度、波には乗って、それっぽく見えますが、それまでです。初心者のうちはしょうがないですが、慣れてきたら、自分の姿を府眼視することをオススメします!

<スポンサーリンク>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください