観るものすべてを魅了するサーフィンテクニック・エアー!!

世界プロサーフィン連盟のワールドツアー第9戦が、フランスで行われていました!

制したのは、ブラジルのガブリエル・メディーナ(Gabriel Medina)でした。

ウィメンズは、キャリッサ・ムーア(Carrisa Mooreが制しました。

フランスのヌーヴェル=アキテーヌで行われていました。

この大会でも、プロのすごいプレイが見ることができました!

その中でも、メンズのラウンド4のヒート3、その中でのジョンジョンフローレンスのプレイがすごかったです!!

彼のプレイは、観る人を釘付けにしますね!




強豪ぞろいのラウンド4ヒート3

僕も仕事しているので、常にWCTを観れているわけではないんですが、休みの日はLIVEで見るようにしています。

この時は、ヒートのラインナップを見て驚きました!

ジョンジョン・フローレンス

ミック・ファニング

ジョエル・パーキンソン

の3人だったんです!

どのサーファーも実力あるので、ファイナル並みの興奮を覚えました!*リンクからWSLの公式ホームページでそれぞれのプロフィールなどが見れますよ!英語ですけどね。

ジョンジョンがやっぱりすごかった

このヒートを制したのはジョンジョンでした。

実は途中まで、ミックと接戦していたんですが、最後に巻き上げました!

しかも、ジョンジョンのスコアがすごい、 1回目のライドが9.33、そして最後のライドが9.23という高得点を叩き出しているのです。

ミックも、8点代を2つ出していたのにもかかわらず、敗戦してしまったんです。ざんねん。

高得点は完璧なエアー

ジョンジョンの高得点には、完璧な「エアー」があるのは間違いありません。

エアーとは、字のままなんですが、波の勢いを利用して、サーフボードごと飛ぶことです!

スキーの言葉から来ていると思いますが、エアリアルとも呼ばれますね。

僕がジョンジョンを知ったのは2013年ですが、その頃からジョンジョンのエアーには魅了されていました。

今回のジョンジョンのエアーをWSLから引用させてもらいます。

高く飛びます!

どんどん飛びます!

こんなに飛びます!

ぜひ、みなさんには動画を見てもらいたいです!

WSLのホームページでは、ライブ映像以外にも過去の動画も見れるので必見です!

Men‘s CT #9 Quiksilver Pro France

まとめ

エアーをすると見た目もあいまって、観客の歓声もすごいことになります。

ただし、派手に飛べばいいというものではないようです。

コンペティッションという、かなり緊張する瞬間で、このようなエアーを決めれるには技術的な要素も大事ですが、精神的な要素もかなり必要になると思います。

まだ若いジョンジョンが、これからどんな風に熟していくのかが、今から楽しみでしょうがないですね!

追加

この記事書いた後に見たセミファイナルのガブリエル・メディナも、かなりすごかった・・・

みんな一緒の人間なのか・・・

 

 

 

 

<スポンサーリンク>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください