初心者向けのサーフボードの種類(選び方)

サーフィンを知ってしまうと、人生じたいが何倍も楽しくなっちゃうよ!年齢なんて関係ない!思い切ってやった人しか分からない!そんな情報をあなたに届ける

ことをわたし自身が、楽しんで記事を書いています。



ボードの種類を知ろう!

「サーフィンを始めたいけど、ボードがいっぱい並んでるけど、何が違うの?」

と思っていますよね。私もそうでした。

サーフボードには、長さによって異なる種類があるのですが、慣れていないと、どんな違いがあって、どのボードを買えばいいか分からないですよね。                簡単に、ここで、違いについて理解しておきましょう。そして、正しい理解を持つことで、初心者の自分にあったボードを知ることができます。

何よりサーフィンは、初心者にはかなりハードな(はじめは楽しくない)スポーツです、正直。そこで、はじめの期間に挫折しないようにして欲しいので、その辺も考えた上で紹介しているので、参考にしてください。

人気のショートボード

最も人気のあるであろう、そして“サーフィン”と言えば、ほとんどの人が連想するのが、このタイプのボードです。一般的には、6’8ftまでの長さのボードをショートと分類されます。長さが短いので操作性が高いですが、浮力が少ないので、初心者には楽しくないボードです。もちろん浮力のある「幅広・厚め」もあります。

※ちなみボードの長さはft:feetで呼ぶのが一般的です。1ft=約30cmです。言葉まんま約1足分です。

ゆったりなロングボード

ロングボードも、ショートボードと並んで人気のあるボードです。長さは9ft以上です。ロングボードは、幅もあり厚みもあるため初心者でも簡単にパドルができます。特に、安定感が高いため、テイクオフ(波を捕まえて、ボードの上に立つこと)もし易いです。但し、長さゆえに操作性は低いですが、その分、体をうまく使って操作する必要があるため、ショートボードの為の技術向上に使う人もいます。

楽しいファンボード(マリブボード)

ファンボードは、長さが7ft〜8ftのボードです。特性もちょうど、ショートとロングの間のいい所どりなボードです。近年は、このボードがかなり人気があります。なぜなら、名前の通り“FUN=楽しい”からです。特に、小波でイマイチな時でも、ファンボードなら波を捕まえ易い上、それなりに操作性もあるので、非常に楽しく波乗りができます。1枚は持っておきたいボードですね。

まずは慣れよう練習用ボード(ソフトボード)

この練習用ボードは、よくサーフィン体験教室で観ることができます。素材は、学校の水泳で使っていた「ビート板」に似ています。海外では、家族で海水浴がてらビーチに行く機会が多く、よく子供達がこのボードで遊んでいます。浮力は抜群です!文句なしに立てます。ただし操作性は0に等しいです。

まとめ:初心者に向いているボード

と言うことで、どんなボードがあるかは知れましたね。そして理想としては、初心者には、ロングボードや練習用ボードなど浮力がある大きなボードが適しているのですが、ロングボードは持ち運びに難があるし、練習用ボードは見た目が初心者なので他のボードも欲しいですよね。それらを考慮すると、ファンボード幅広・厚めのショートボードがいいと思います。大事なのは、全然できずに楽しくなくて辞めてしまう!なんてことは避けたいですね。

TODAY’S VIDEO

動画で分かり易い説明しているのを見つけました。彼の話し方は、ちょっともごもごしてて聞き取りづらいですが、ボードの種類の説明はシンプルで分かり易いですよ。

引用先:Youtube Different Surfboard types: A Beginner Tutorial

本当の本当に初めての時は、こんなウレタンフォームのサーフボードが浮力があって楽しいと思いますよ。

 

<スポンサーリンク>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください